鳩 対策 スプレー

鳩の対策にスプレー、その効果はどれくらい?

鳩,対策.スプレー

 

 

鳩の対策でスプレーを使った際の効果

 

気になるのは、鳩対策のスプレーの効果です。

 

結論から言えば、鳩対策スプレーは瞬間的な効果はかなり高いです。

 

鳩が寄ってきたなと思ったらスプレーしておくと、再び寄って来なくなります。

 

しかし短時間で効果がなくなるのがこの鳩よけアイテムの問題点です。

 

鳩が来たと思ったらすぐに使えるのと手間がいらない所が便利ではあるものの、恒久的な鳩対策には向いてはいないのかもしれません。

 

野外での使用が多いので、雨や風の影響をモロにうけます。

 

 

鳩の対策でスプレーを使う理由

 

鳩の対策にスプレーを使って撃退!という人は、最近増えてきました。

 

そもそも鳩の撃退方法というのは実にたくさんの種類があって、その中でスプレーをチョイスするにはそれなりの理由があるハズです。

 

多い物では、何か物を置いたりするような物理的な撃退法ではないため、ベランダ等の景観を損なわないというものです。

 

後は、鳩の嫌いな『匂い』を付けるという点で、スプレーは非常に効果的だったりします。

 

このような理由で、鳩の撃退にスプレーを使う人が増えているようです。

 

 

鳩対策スプレーを使うタイミング

 

上記のような理由から、鳩対策スプレーは本格的な被害に発展していない場合には使いやすく効果の高いアイテムと言えます。

 

『本格的な被害』と書きましたが、鳩の飛来には実は段階があります。

 

 

・初めて飛来してきている頃

 

鳩は安全確認のため警戒して一度手摺りなどに止まったりしてから侵入します。

 

 

・基本的には巣作りの場所を探しています。

 

外敵から襲われにくい「角・物壁陰」を探します。

 

 

・ハトが安全と判断し「巣作り」を開始します。

 

 

・既に巣作りに使った場所は自分の地域と記憶し、手摺りには止まらなくなります。

 

 

スプレーを使う際には、この初期段階、つまり巣を作る前に『この場所は危険だ』と思わせるために使いましょう♪

 

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

鳩忌避剤 イカリ消毒 スーパーハトジェット 420ml
価格:1085円(税込、送料別) (2016/9/13時点)

 

 

鳩対策スプレーで鳩が撃退できるわけ

 

本能に訴えかける異臭!

 

ほとんどの動物には、本能的に苦手・嫌いというような匂いが存在します。

 

そしてもちろん、それは鳩にも存在します。

 

鳩対策の多くのスプレーには、この鳩が嫌いな匂いが入っているのです。

 

近付きたくても近付けない、そしてそれを繰り返して学習させるというシステムですね!

 

 

鳩対策スプレーの匂いの内訳

 

多くのスプレーの主成分は、ハーブ系植物エキス(食品添加物)で、基本的には人にも鳥にも全く害はありません。

 

鳥類が好まない植物エキスの匂いが本能習性に作用する忌避剤で、人体・動物への悪影響は全くない場合がほとんどです。

 

ただ全てがそうなわけではないので、購入前に必ず確認しましょう。

 

 

鳩が巣を作りだしたら

 

鳩対策スプレーの効果は、いいところ3〜4時間ぐらいだと思います。

 

初期段階で根気強く塗布して上手いこと撃退出来ればいいのですが、もし鳩の執念に負けてしまったら、スプレーのみではキツイかもしれません。

 

鳩の飛来頻度が高くなり、ついには巣を作りだしてしまった際には、スプレー以外の方法の検討も必要です。

 

この場合は、鳩が留まるポイントにスプレータイプと固形タイプの忌避剤を併用することをオススメします。

 

 

鳩の糞を放っておくと危険がいっぱい!

 

ハトに寄生する有害な菌

 

鳩の被害は実はかなり危険なものです。

 

鳩が原因の病気で特に死亡率が高いのが「クリプトコッカス症」です。

 

カビの一種である菌が鳩の糞の中で増殖し、乾燥した糞が舞うことで人の肺に入り込んで引き起こされます。

 

小さな子どもや免疫力が低下した人ほどかかりやすく、肺に吸い込んでも肺には何の症状も現れません。

 

菌が好む脳髄液に触れてから髄膜炎や脳炎といった重度の病気になって現れます。

 

さらにやっかいなことに、安全な特効薬は見つかっていません。

 

そのほかにもさまざまな病気の原因菌を持つ鳩は、思っている以上に恐ろしい存在です。

 

 

他にも病気の危険がいっぱい!

 

鳩が引き起こす病気は、他にもたくさんあります。

 

例えばサルモネラ中毒、集団食中毒の多くがサルモネラ菌によって起こり、鳩の約2%がこの菌を保有しています。

 

また、羽毛や糞沫により喘息発作を伴う重いアレルギー症状を起こすこともあります。

 

他にもオオム病という病気もあります。

 

従来鳥に感染する疾患ですが、人間にも感染します。

 

重度になると肺炎のような症状を引き起こします。

 

鳩の菌保有率は30〜70%と、非常に高いのも特徴です。

 

 

鳩の対策は早めが吉!

 

このように、鳩と関わっても良いことは何もありません((+_+))

 

鳩がベランダにやってくるようになってしまったら、早めに対策をとりましょうヽ(^o^)丿

 

 

鳩対策施工 無料見積もり