鳩 対策 ワイヤー

鳩の対策にワイヤーは効果的?施工の注意点等

鳩,対策,ワイヤー

 

 

鳩の対策はワイヤーで万全?防鳥ワイヤーの特徴

 

鳩の対策で使うワイヤーの特徴

 

屋根やベランダに鳩がとまることを防ぐ為に防鳥ワイヤーを張るという方法があります。

 

鳩がよくとまる部分に支柱を設置して、10cmほどの高さで水平にワイヤーを張り、鳩がとまるのを防ぎます。

 

ワイヤーは耐久性が良いため、一度張れば長い効果が期待でき、忌避剤のように雨で流れる心配もありません。

 

また、剣山のように設置場所から突き出すこともないので、景観を損ないたくない場所にもおすすめです。

 

防鳥ワイヤーは手軽で使いやすい鳩対策グッズのひとつですが、正しく使わなければ狙った効果が得られないことがあります。

 

 

鳩対策のワイヤーで防げるのは初期段階まで

 

まず注意しなければならないのは、

 

 

防鳥ワイヤーはあくまで鳩の停留を防止するためのグッズ

 

 

だということです。

 

つまり鳩を「駆除」するためのものではないということです。

 

防鳥ワイヤーが効果を発揮するのは、まだ鳩の被害が軽い初期段階まで。

 

たまに鳩がやってきて、糞や鳴き声の被害が見られる程度が目安です。

 

 

昼夜を問わず鳩が滞在したり、大量の糞が落ちていたり巣を作られたりしている場合は、ワイヤーで被害を防ぐのは難しいです。

 

 

その場合は、別の鳩対策グッズで撃退するか、専門の業者に依頼しなければなりません。

 

そうならないよう、鳩の被害に気付いたら早めに防鳥ワイヤーで鳩対策を行いましょう。

 

また、防鳥ワイヤーは新築物件などの鳩対策で鳩被害を未然に防ぐ手段として用いられたりもしています。

 

 

ワイヤーの設置前に知っておきたい事

 

ワイヤーで100%鳩を防げるわけではない

 

鳩,対策,ワイヤー

 

屋根の端やベランダの手すりにワイヤーを設置したからといって、そこに鳩がとまれなくなるわけではありません。

 

鳩は、細いワイヤーの上でもとまることができます。

 

しかし、屋根や手すりそのものにとまるのに比べるとグラグラして不安定になるのは事実。

 

ワイヤーを張った場所は、鳩にとって「休憩するのに不向きな場所」になります。

 

つまり言ってしまえば、防鳥ワイヤーの目的は一度鳩に留まらせて不快感を与える事なのです。

 

ただし、それによって鳩が来なくなるのは、鳩がまだその場所に対して強い執着心を持っていない場合のみです。

 

既に被害レベルが高く鳩がその場所を「自分のテリトリー」と認識している場合、多少とまりにくくなっても簡単に諦めません。

 

その場合は、忌避剤、電気ショック、剣山など、鳩が嫌がる撃退グッズを使って、「この場所は嫌だ」と学習させる方が効果的です。

 

 

ワイヤーの設置についての注意点

 

鳩,対策,ワイヤー

 

防鳥ワイヤーは、鳩対策グッズとして専用の商品が市販されています。

 

そのため、ホームセンターや通信販売で購入し自分で設置することも可能です。

 

ただし、その場合は注意点があります。

 

まず、防鳥ワイヤーはピンと張るのではなく、わざとたるませて緩めに張りましょう。

 

なぜなら、ピンと水平に張られていると鳩がワイヤーの上にとまりやすくなるからです。

 

それでは鳩対策の効果が半減してしまうので、鳩が「とまりにくい」と感じる絶妙なたるみ加減で張ることが大切です。

 

加減が難しい時や、より高い効果を得たい時は、専門の業者に依頼するのが確実です。

 

 

鳩の対策は、速さと根気が大切

 

鳩は一旦その場所が気に入ると、例え命の危険があってもその場所をどこうとしません。

 

そもそもなぜベランダに鳩がやってくるのか。

 

実は鳩にとってベランダは、雨風や外敵から身を守れ、時には水分も摂取できる、楽園のような場所だからです。

 

そんな鳩との戦いは、根気が必要になるかもしれません。

 

鳩との戦いは、速さが大切です。

 

鳩が完全にそこを自分の家だと認識する前に、何としてでも鳩を追いやりたいものです。

 

放っておくと糞などによって命に関わる病気になったりしますので、早めの対策を心掛けましょうヽ(^o^)丿